読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩心理で人生に彩りを

色を使って人生を豊かにしたり楽しむための知識,雑学をお伝えしています。

食欲を高める色、抑える色ってあるの?

「美味しそうに思うのはどの色だ??」

 

ということで、今回は食事と色についてです。日本人は和食、洋食、中華、イタリアンなど色々な料理を食べると思います。

 

その中でパッと見て「この料理おいしそうだなー!!」って思うものもあれば、一方で「何かいまいちそそられないなー」っていうものもあると思います。

 

もちろん料理の盛り方や素材の切り方なども関係しているでしょう。ですがそれと同時に「食べ物の色」というのも食欲に関係していると言われているんですね。そこで今回はタイトルにもあるように「食欲を高める色、抑える色」についてお伝えしていきます。

 

 

食欲を高める色とは?

 

結論から言います。食欲を高めるのは

 

「鮮やかで濃い色の食べ物です。」

 

f:id:reon5653desu:20170113171216j:plain

 

画像を見ると実に鮮やかな食べ物が揃ってますね。なんか「おいしそうだなー♪」ってなりませんか?私はこの文章を書きながらあきらかに腹の虫がなきそうになっている感覚があります(^^;

 

もちろんこの食べ物の中にも好き嫌いはあるでしょうけどそれは別として考えてくださいね。好みとは別にパッと目を引く鮮やかな色の食べ物というのは食欲を刺激してくれます。

 

特に赤とかオレンジというのは食欲増進に効果があると言われているので、あなた自身が食欲がないとか、あるいは誰かの食欲を高めたい時なんかにうまく取り入れるといいでしょう♪

 

個人的には真っ赤なリンゴや苺、オレンジなんかもいいですが赤いトウガラシや市販のキムチがたーぷっり入った真っ赤なキムチ鍋にも物凄く食欲をそそられます(笑)かといって辛いのがものすごい特異なわけではないので、毎回大量のお水を用意して食べるのですが(>_<)

 

 

食欲を抑える色とは?

 

赤やオレンジが食欲を高める一方青には食欲を抑える効果があると言われています。

以前こちらの記事でも書きましたが、 青は人を冷静にさせると言われている色です。おそらくそういった効果が食欲も抑えてしまうのでしょう。

 

そのため自然にあるものはともかく、飲食店などではあまり見かけない色ですね。なぜなら食べ物や料理を売る側からしたらお客さんに食欲旺盛になってもらって料理や食べ物を買ってもらう必要があるからです。そのため青というのは使いづらい色といえるでしょう。

 

 

まとめ

  • 食欲を高めるのは鮮やかで濃い色の食べ物。
  • 特に赤やオレンジは食欲アップに効果的
  • 青は食欲を抑えてしまうこともある。

 

必ずしもすべての人に当てはまるわけではないと思いますが、一つの知識として覚えておくといいと思います。例えばお弁当や料理を作る方なんかは、「よりおいしそうに見えるにはどうすればいいんだろうか?」と考えることもあると思います。

 

そんな時にぜひ参考にしてみてください♪

 

それでは失礼します!

 

参考書籍

『史上最強カラー図解 色彩心理の全てがわかる本』山脇恵子著 (ナツメ社)

 『人生が豊かになる色彩心理』宮田久美子著 (ナツメ社)

『色づかいで人を見抜くカラー読心術』河野万里子著(こう書房)

『色はビジネスの武器になる』七江亜紀著(祥伝社)